厚木 お菓子工房サラのケーキ教室

小学校5年生の時に初めてプリンを作った。

妹と二人で留守番をしている時だった。

妹には「美味しいプリンを作るから待ってね」と伝えて台所に立った。

出来上がったプリンは穴がたくさんあいたスカスカプリンだった。

その時、がっかりした気持ちと同時にどうしてこうなるのかいう気持ちが浮かび上がった。

妹はそれでも「美味しい」と言って食べてくれた。

厚木 お菓子工房サラ ケーキ教室

そのとき「プリンをおいしく作れるようになりたい」と強く思った。

お年玉をためておいた貯金箱をあけて、小さなケーキ作りの本を買った。

それが私のケーキ作りの原点だった。