厚木のケーキ屋 サラ 大きな大山シューサブレ、ギフト、秋のケーキ、ハロウィンスイーツ、お祝いケーキ、立体ケーキをなどご用意しております。

産経新聞に掲載されました

厚木 お菓子 ケーキ屋 2015年10月9日 産経新聞 厚木 お菓子 ケーキ屋 2015年10月9日 産経新聞 抹茶ムース ショートケーキ

2015年10月9日金曜日の産経新聞様に当店が掲載されました!
秦野市介護老人保健施設「ひまわりの里」様から、
食事を飲み込むことが難しい方のためにケーキをというご注文をいただき、
試作を幾度も重ね、抹茶のムースを作りました。

いつでも美味しい物を食べていただきたい。

その想いを胸にこれからも挑戦していきたく思います。

————————————————–

[記事内容]

(記事:柏崎幸三氏)

「私たちも美味しいケーキが食べたい」

厚木市愛甲の「お菓子工房サラ」が
摂食・嚥下障害のためケーキなどのお菓子を食べられなかった高齢者でも楽しめる
抹茶ムースケーキを考案し、評判を読んでいる。

高齢者にもおいしいケーキを
厚木の菓子店 誤嚥しないよう工夫し提供

秦野市西大竹の介護老人保険施設「ひまわりの里」の利用者から
「日頃味わえないおいしいお菓子を食べたい」という声を聞いた
管理栄養士、船板真由美さんと、言語聴覚士の浦野信さんが
「サラ」の外村貞子代表に相談したのが、抹茶ムースケーキ誕生のきっかけ。

摂食・嚥下障害のある人は水でもそのまま飲むのは難しく、
誤嚥で食べ物が気管から肺に入ると、肺炎を起こす可能性もあるといい、
ケーキなどはミキサーで液体状に加工して食べることが多い。

相談を受けた外村さんは試行錯誤の末、そのままでも高齢者が飲み込めるようにと、
とろみをゲル化剤、抹茶ムース、こしあんを混ぜて4段階の固さのケーキを作り上げた。

同施設によると、ケーキを味わった竹内きみ子さんは「おいしかった」と笑顔で話し、
障害を持つ他の利用者も問題なく食べれたという。

外村さんは、「喜ばれて良かった。要望があればまた作ってあげたい」と話している。

お気軽にお問い合わせください。 TEL 0120-150-515 9:00 - 19:00 (定休日を除く)

厚木 ケーキ サラ LINE@↑お友達登録でプレゼント☆

■お菓子のプレゼント

■サラスタンプカード3ポイント

営業日・イベント

bnr_facebook

bnr_twitter

厚木 愛甲石田 お菓子工房 Instagram 

b_kinenhin
商品のご注文、お問合せはこちらまで
PAGETOP
Copyright © お菓子工房 Sala All Rights Reserved.